HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 婿養子に行った弟に相続権はあるのでしょうか?

実際にあったご相談実例

先日母が亡くなりました。私は3人兄弟の長男ですが、一番下の弟は婿養子に出ています。その弟にも母の相続権はあるのでしょうか?すでに名字も変わっているのですが…

相続権の範囲に関するご相談です。

 

今回は

・婿養子に出ている

・戸籍から抜けている

・名字が変わっている

というところがポイントかと思います。

 

 

先に結論から申しますと、相続権は「あります」

それどころか、他の兄弟お二人と同じ割合で子供3人がそれぞれ3分の1の割合で権利を有します

つまり、婿養子に出ていようが、戸籍から抜けていようが、名字が変わっていようが、「母親の実の子供」であることに変わりはありませんので、相続分は同じ割合になるということです。

 

 

仮に婿養子に出ていることが理由で相続分が異なる(もしくは相続権がない)のであれば、女性は結婚によって夫の戸籍に入る(いわゆる「入籍」です)ことが多いので、多くの女性は結婚をすれば損をするようなことになってしまいます

 

まさかそんなはずはありませんので、戸籍に残っていても、戸籍を抜けていても、相続権に影響するのは「実の子供かどうか」ということです。

 

 

ここで一つ関連知識としまして、「養子縁組」をした場合はどうなるのかをお伝えしておきます。

 

今回のご相談内容に少し追加する形で考えてみますと、長男さんにお子様がおられ(お母様からみれば孫にあたります)、そのお子様がお母様と養子縁組をした場合、お子様には果たして相続権は生じるのでしょうか?

 

 

結論は、YESです。

 

養子縁組をすると、その二人の間には血縁関係とは無関係に親子関係が生じることになります。

極端に言えば孫でも親戚でもなんでもないご近所さんと養子縁組をした場合でも、その二人の間には当然ながら血縁関係はありませんが、親子関係が生じる事になります。

 

 

親子関係が生じれば当然そこには「相続権」が生じますので、今回の事例に話を戻しますと、母から見ると実子が3名+養子縁組によって親子になった孫1名の計4名が等しく「子供」として相続権を得る事になります。

 

つまり、3人兄弟ではそれぞれ3分の1だった相続権が、4人の均等割りで4分の1ずつになるということです。

 

 

【参考条文】

民法第727条(縁組による親族関係の発生)

養子と養親及びその血族との間においては、養子縁組の日から、血族間におけるのと同一の親族関係を生ずる。

 

 

最後にもう一点、一度養子縁組した関係を終了させる、すなわち親子関係を断つことはできるのでしょうか?

こちらも民法で定められております。

 

民法第729条(離縁による親族関係の終了)

養子及びその配偶者並びに養子の直系卑属及びその配偶者と養親及びその血族との親族関係は、離縁によって終了する。

 

「離縁」という言葉が出てきましたが、「縁組」とは対になる言葉ですね。

養子縁組は役所に届け出ることによって成立しますが、離縁の届けも同じく役所にて行います。

 

 

養子縁組をした後、やっぱりその関係を解除しようと思った場合には、忘れず離縁の手続きをして下さいね。

時々「一度養子縁組したけどもう関係を断ちました」と言ってご相談されることがあるのですが、戸籍を見ると縁組みが解除されず、そのまま残っているケースが多いです。

 

自分の中では関係を断っているのかもしれませんが、戸籍上は変わらず「親子」になっていますので、思ってもいないところに相続権が生じる可能性もあります。

 

ご注意下さい。

 

■■■まとめ■■■

婿養子に出ていても、他の兄弟姉妹と等しく相続権は生じる

養子縁組をすれば、血縁関係のない第三者であっても親子関係になり、実の子供と同じ割合で相続権が生じる

一度養子縁組をすると戸籍に「養親」として記載され、口頭で解除することはできない(離縁の手続きが必要)

 

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.