HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 封された手書きの遺言書を開けてしまった!問題ある?罪になる?

実際にあったご相談実例

父が亡くなり、相続人は私一人です(母はすでに他界しており、私は一人っ子です)。のり付けされた手書きの遺言書が見つかったのですが、ついつい勝手に開封してしまいました。特に問題ないでしょうか…?

今回の遺言書は手書きということですので、「自筆証書遺言」にあたります。

>>自筆証書遺言の書き方は?注意すべきことは?こちらのご相談実例をご参考下さい)

 

まず、今回のご相談の中で一番心配されていることは「のり付けされた遺言書を勝手に開封した」ということですが、問題があるかないか、法的に良いか悪いかといえば・・・

 

もちろんダメです。

 

なぜなら、自分で書いた遺言書(自筆証書遺言)の取り扱いについて、民法では以下のように定められているからです。

 

 

民法第1004条 

1 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。

2 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。

3  封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。

 

民法第1005条 

前条(民法1004条)の規定により遺言書を提出することを怠り、その検認を経ないで遺言を執行し、又は家庭裁判所外においてその開封をした者は、五万円以下の過料に処する。

 

 

1004条では遺言書を発見した後の進め方について、1005条ではその手続きを怠って開封してしまった場合の罰則まで定めています。

では、仮に1005条の通り開封してしまった場合、当然ながら罰則は受け入れるとしても、その開けてしまった遺言書そのものは無効になってしまうのでしょうか?

 

もちろんNOですよね。

 

遺言書を開封してしまうと無効になるのであれば、たとえ過料5万円を支払ったとしても、それ以上の利益を得る人が間違いなく沢山いるはずですし、それを逆手に取って、過料を支払うつもりで敢えて開封する人も出てくると考えられるからです。

 

 

 

ここで、今回のご相談者様は、1004条にあります「検認」の手続きもご存じでなかったようで、こちらも併せてご説明させて頂きました。

 

「検認」については

>>自筆証書遺言の書き方は?注意すべきことは?

>>公正証書で遺言書を作成するとココがいい!逆にココがちょっと…

でもご説明しておりますが、簡単に申しますと、家庭裁判所にて遺言の存在を証明してもらう手続きです。

(※遺言書に書かれている内容が有効かどうかを確認する手続きではないので注意!)

 

 

では、検認とは具体的にどのような手続きが必要なのでしょうか。

 

①亡くなられた方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てをする

お亡くなりになられた方の本籍地や、検認の手続きをする相続人の方の住所・本籍地ではなく、お亡くなりになられた方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所が申立先になります。

 

申し立てには、以下の書類が必要となります。

・検認申立書

・申立人、法定相続人全員の戸籍謄本

・亡くなられた方の除籍謄本、改正原戸籍

・遺言書の写し(封されている場合はその封筒の表面・裏面)

その他、申立時には予納郵券(切手)なども必要になりますが、状況によって求められる書類や情報が異なることも考えられますので、事前に必ず裁判所に確認の連絡をすることをオススメ致します。

 

また、改正原戸籍といってもどこまで収集すれば良いのかわからず、そもそも過去に遡っての戸籍の請求で非常に戸惑い、申立てまでにかなりの時間がかかってしまい、その間に相続放棄の熟慮期間が終わってしまったというご相談も良くお聞き致します。

戸籍収集にかかる期間は相続関係にもよりますが、相続関係が複雑であればあるほど相当の時間を要する可能性が高くなりますので、少しでも早めに取り掛かったり、または行政書士等戸籍収集のプロに依頼されることもオススメ致します。

 

②検認期日に出席する

検認の通知を受け取った相続人の出欠は自由ですが、立ち会いを希望される場合は通知された場所、時間に出席します。ここで、申立人は必ず遺言書(原本)を持参し、その場で裁判官に提出します。

(※申立ての時点では遺言書原本は提出せず、検認期日に忘れず原本を持参します)

 

③検認済の証明の付いた遺言書を受け取る

検認証明書にはもちろん裁判所のハンコが押されているのですが、遺言書原本と合綴のうえ割印されたものを受け取ります。(遺言書が封筒に入っていた場合、その封筒も合綴され、割印されます)

 

この検認証明書を受け取って初めて、遺言書の内容に沿って手続きを進めることができるようになります。

 

 

自筆証書遺言は自分の好きなときに簡単に書けるので、公正証書遺言に比べて簡単で便利なように思われがちですが、このように相続開始後にすぐに行わなければならない手続き(検認)があります。

 

また、検認は申立てをするまでに必要書類の収集等で時間がかかり、さらに申立てから検認期日までに2週間~1か月程度時間がかかりますが、相続放棄をする場合や相続税申告がある場合、つまり期限付きの手続きがある場合でもこの期間は考慮されませんので、遺言書の存在を知っている場合は「検認」の手続きについて事前に把握しておくことが重要です。

 

 

■■■■■ まとめ ■■■■■

封印された遺言書は勝手に開封してはいけない

万が一開封してしまった場合でも、家庭裁判所で検認の手続きを受けなければならない

検認の手続きには時間がかかるので、速やかに進めることが必要である

 

 

【遺言書に関するご相談実例】

父が遺言書を残しておきたいと言っています。書き方、必要書類など

公正証書で遺言書を作成するとココがいい!逆にココがちょっと…

 

 

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.