HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 会ったことのない父親(母親)が死亡したと連絡が来た後の手続き

実際にあったご相談実例

幼い頃に両親が離婚し、私は母親に育てられましたので、父親を見た記憶が全くありません。その父親が亡くなったと警察から連絡があったのですが、これから私は何をすれば良いのでしょうか?突然の連絡に途方に暮れています…

お父様にとってご相談者様は実の子供ですので、例えお父様が再婚されていても、そこに新たにお子様がおられたとしても、ご相談者様が相続人であるということに変わりはありません。ですので、「相続人の一人として今後の手続きを行って下さい」ということで連絡が来たのだと思います。

今回は警察から連絡が来たとのことですので、最後はご自宅の中でお独りでお亡くなりになられたケースが考えられます。この場合、もちろん事件の可能性もありますし、ご近所の方も何か違和感を感じたとしても鍵を開けて中を確認することは難しいので、警察に通報して発見されたのだと思います。

 

まずすべきことは本人であるかどうかの確認と、その後の引取り(警察にて火葬されている場合もあります)、そして警察が自宅内から遺留品として保管しているものの受領などが挙げられます。この時、自宅内にあった名刺や銀行口座の通帳、免許証、不動産の権利証、現金などを受け取ることが多いようですが、どちらにしてもそれが自宅内にある荷物の全てではありませんので、一段落した後は自宅内に入り、残置物の確認をしなければなりません。

自宅が賃貸物件であれば退去の手続きが必要になりますので、出来るだけ早く自宅内の荷物を処分する必要があります。こういった作業は遺品整理などと呼ばれ、それを専門にしている業者に依頼するか、ご自身で荷物を処分しなければなりません。依頼する場合の費用は業者によって異なりますが、広さや間取り、後は荷物の量や種類によって処分費用が異なるので、まずは一度見積もりをしてもらうことが大切かと思います。

また、自宅内には今後の相続手続きに関する手がかりが遺されている可能性があります。例えば銀行の名刺、証券会社からの封筒、生命保険の契約内容の案内のハガキなど、もしかすると大きな財産に関する情報がそこに埋もれているかもしれません。なんでもかんでもゴミとして捨ててしまうのではなく、しっかり分別しながら処分しましょう。何が大切なものかがわからないという場合は、当センターのような相続手続きを専門にしているところと連携の取れる遺品整理業者にご依頼されることをお勧め致します。

 

その後は見つかった財産について通常の遺産相続手続きを行うことになります。まずはお亡くなりになられた方の死亡から出生までの一連の戸籍を集め、相続人が誰であるかを確定します。この時、連絡先も全くわからない相続人が出てくると大変です。相続手続きには相続人全員の実印と印鑑証明書が必要になりますので、なんとか住所を割り出し、そこにお手紙を送ったりして連絡を取らなければなりません。このような状況になってしまった場合、お一人の力で全てを完了させるのはかなり大変な作業になりますので、まずは一度専門家にご相談された方が良いかもしれません。(急に自宅を訪ねてインターホンを押したりすると思わぬトラブルに発展する可能性もあります)

 

あとはご自宅が賃貸ではなく持ち家だった場合、ご自宅の中でお亡くなりになられたということで、売却(処分)が非常に困難になるかもしれません。相続人の誰かが引き継ぎ、そこにお住まいになられるのであれば名義変更手続きのみで済みますが、それを売却しようと思うと、やはりなかなか売れないというのが実際のところです。しかし、だからといって放置すると、火災のリスクがあったり、空き家対策特別措置法(国交省のページが開きます)によって固定資産税が増額になるかもしれません。

そういった困難な不動産であっても処分できる業者はわずかかもしれませんが、当センターでは相続手続きから困難な不動産の処分まで一通り解決しているケースも非常に多くございます。難しい物件だからと諦めてしまわず、まずは一度ご相談下さいませ。先程も申しましたが、空き家から出火し、隣家に類焼した場合の補償などは取り返しがつかないことになってしまいますので。

 

少し話がそれましたが、まずは何をしなければならないのか、何の手続きがあるのか、どのような財産があるのかという手続きの把握が最優先で、そしてその手続きを一つ一つ片付けていくことです。お困りの場合はお気軽にご相談下さい。私たちが必ずお力になります。

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.