HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 祖父(おじいさん)名義の土地を孫が相続できますか?

実際にあったご相談実例

祖父(おじいさん)が亡くなり、その土地を相続したいと思ってます。孫である私に直接名義を変えることはできるのでしょうか?

「祖父名義の不動産を子供ではなく孫に名義変更したい」というご相談ですが、結論から申しますと、原則はできません。ただし、状況によってはできる場合がありますので、以下、ご説明致します。

 

まず、原則としてできないと申しましたのは、祖父の相続に関し、孫には相続権が生じないからです。

祖父Aが死亡した場合、その相続人は配偶者(祖母B)と子供(父または母Cとその兄弟姉妹D)になります。一旦父Cが相続して孫Eへ名義変更することはもちろん可能ですが、不動産の権利を移すには必ず原因が必要になり、この場合は「相続」ではなく「贈与」または「売買」にて移すことになります。

 

次に例外的に孫に直接名義を変更できる場合ですが、1つ目が、孫Eが祖父Aと養子縁組している場合です。

養子縁組をした二人の間には法律上の「親子」の関係が生じますので、祖父Aの死亡時にはその実際の子供である父Cと同じ順位で孫Eも相続人になり、遺産分割協議を経て直接名義変更ができます。

 

2つ目は、祖父Aが遺言書を作成してる場合です。

もちろん遺言書の内容は「孫Eに不動産を譲る」ということですが、この場合の注意としまして、先ほど「譲る」と書きました部分は「相続させる」ではなく「遺贈する」という言葉になります。

これは遺言書の書き方のご相談の際にもご案内させていただくことですが、法定相続人に対しては「相続」、法定相続人以外に対しては「遺贈」という言葉を使います。そもそも孫は祖父の法定相続人ではないと前述致しましたが、相続人ではない人に「相続させる」という言葉は適切ではありませんので、遺言書を作成される場合はご注意下さい。

※孫に「相続させる」と書いたことで直ちに無効と判断されるという意味ではありません。

※法定相続人ではない人への不動産の遺贈は登録免許税(不動産の名義変更の際にかかる税金)が通常の5倍(評価額の0.2%)になりますのでご注意下さい。

 

3つ目は、子供である父Cが祖父Aよりも先に他界している場合です。

いわゆる「代襲相続」という状況ですが、父Cが祖父Aよりも先に他界していた場合、孫Eが父Cに代わって法定相続人になり、直接名義変更をすることが可能です。

 

以上が代表的な例外ですが、これ以外にも様々な状況が考えられますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.