HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 遺言書で生命保険の受取人が変更されていた!有効?無効?

実際にあったご相談実例

先日死亡した父の生命保険金の受取人は子供である私になっていたのですが、父が遺言書の中で保険金の受取人を後妻に変更していました。そんなことができるのでしょうか?また、これは遺留分減殺請求の対象になるのでしょうか?

少し前置きになってしまいますが、一言で「保険金」と言っても死亡保険金、満期保険金、入院給付金、医療給付金、手術給付金、高度障害保険金特定疾病保険金 ・・・というように、各保険会社には多種多用な保険金が存在します。

 

これら保険金に相続が関わってくると、その種類により相続財産にあたるかあたらないか変わってくるので、まずは保険金の種類をきちんと把握することが必要です。

 

 

今回のご相談では、「死亡保険金」ということでしたので、そちらに限定して回答させていただきます。

 

 

死亡保険金とは、被保険者が死亡をきっかけとして、予め指定しておいた死亡保険金受取人に対して給付する金銭です。

その目的はもちろん「当面のご遺族の生活を維持するため」です。

 

そしてこの死亡保険金の大きな特徴が、受取人の固有の財産になり相続財産にあたらない、すなわち相続人の間で遺産分割をする必要がない、もっと言い換えると遺産分割の対象外であるということです。

 

今回のご相談ではこの死亡保険金受取人が遺言書の中で変更されていたということですが、死亡保険金は相続財産にはあたりませんので、残念ながら遺留分滅殺請求の対象からは除外されてしまいます

 

 

ではここで気になるのは、遺言書で死亡保険金の受取人の変更ができるかどうかだと思います。

これは気になりますよね・・・

 

 

結論を申しますと、遺言書で死亡保険金の受取人の変更は可能です。

 

 

具体的な根拠としましては、平成22年に保険法が施行され、遺言書による死亡保険金の受取人の変更が可能であることが明文化されました。

 

【保険法第44条】

① 保険金受取人の変更は,遺言によっても,することができる。
② 遺言による保険金受取人の変更は,その遺言が効力が生じた後,保険契約者の相続人がその旨を保険者に通知しなければ,これをもって保険者に対抗することができない。

 

 

②を逆手に取れば、お父様の後妻様が保険会社に連絡する前にご相談者様自身が受取人として手続きを完了してしまえば、死亡保険金を受け取ることは可能です。

 

ただ、後妻様と揉めることは容易に想像がつきますよね。

後妻様も遺言書の存在、受取人の変更についてはおそらく承知のことと思いますので。

 

 

 

ご相談者様としては、納得がいかない結果かとは思われますが、死亡保険金以外の相続財産の中できっちり遺産分割するということをお話をさせていただきました。

 

 

少し余談になりますが、今回の保険契約にはどうやら入院保障もあるようで、死亡前には数ヶ月の入院があったとのことで、入院給付金も支払われるようです。

 

入院給付金とは、そもそも「被保険者の入院中の資金の負担を軽減するために給付される金銭」であり、簡単に言いますと、お見舞い金のようなものです。

つまり、遺族に対しての給付を予定していたものではなく、あくまでも被保険者であるご本人(今回で言えばお父様)に対して支払われるものになります。

 

 

入院中にお亡くなられた場合、どうしても死亡保険金と同時に手続きを進めることが多く、どちらも「遺族」への給付を予定しているように捉えられがちですが、入院給付金は被保険者が自分のために保険料を支払い、入院した事実に対して給付されるものですので、被保険者(亡くなられた方)の財産、すなわち相続財産として扱います

 

 

「相続財産=遺産分割の対象」ですので、つまり「遺留分滅殺請求の対象」となります。

 

 

今回のご相談では保険金に関する遺言書の内容をお伺いしたのみでしたが、他に書かれている内容と相続財産を整理し、遺留分滅殺請求をするのか、後妻様との遺産分割協議で分割するのか、やはりしっかりと話し合いをすることが大切かと思います。

 

 

■■■まとめ■■■

死亡保険金の受取人について、遺言書の中での変更は有効である

死亡保険金は相続財産ではなく受取人の固有の財産になるので、遺留分滅殺請求は出来ない

入院給付金については相続財産にあたるので、遺留分滅殺請求が出来る

 

 

【関連したご相談実例】

遺産分割協議成立後に遺留分を請求できる

家庭裁判所で相続放棄をした相続人が生命保険を受け取れるのか

 

 

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.