HOME >> 実際にあったご相談実例

実際にあったご相談実例

日々お寄せいただくご相談の中から、よく耳にする事例を抜粋してご紹介します。

日々多くのご相談が寄せられている中で、全く同じケースは存在しませんが、よく似たケースが存在することはもちろんあります。

全く同じではありませんが、似たケースが見つかるかも?

そういった事例をご紹介することで、「自分の場合はこういう解決方法があるのか」「我が家のケースではこういう手続きが必要なんだな」ということにお気付きいただけることもあり、守秘義務の関係で個別具体的な内容は掲載できませんが、出来るだけ多くの事例をご紹介していきたいと考えております。
当サイトをご覧いただいたことがきっかけとなり、問題解決や手続き完了の少しでもお役に立てれば嬉しい限りです。

それでもやはり「どうしてよいかわからない」「何をすればよいかわからない」という方にはそれぞれのケースに合わせてアドバイスさせていただきますので、お困りの際はお気軽にご相談いただければと思います。
初回のご相談は60分無料となっております。専門家が直接ご相談内容をお聞き致しますので、安心してご相談下さい。

無料相談、ご質問等はこちらから

相続における重要ポイント
相続税がかかる方 相続税がかからない方 相続税がかかるかどうか不明な方

実際にあったご相談実例

財産と言えるものは不動産だけで、相続税が支払えるのかが心配です。生前にできる対策があれば教えて下さい。
平成26年に死亡した母の相続手続きを今(令和元年)にする場合、基礎控除は5,000万円ですか?3,000万円ですか?
残していく87歳の妻に出来るだけ負担をかけないよう、今から手続きを依頼しておくことはできませんか?
父が亡くなり、不動産の名義変更をする前に母が亡くなってしまいました。今からでも手続きはできるのでしょうか?
個人商店を営んでいた父が4月に亡くなりました。毎年確定申告はしていたようですが、来年の確定申告は不要ですよね?
税務調査という言葉をよく聞くのですが、実際のところどういったことをするのでしょうか?イメージでは、とにかく細かいお金の流れを質問攻めされるような…
もう一人の相続人である弟と仲が悪く会話ができません。遺産の配分は遺言書で決まっていますので、別々の税理士にお願いして申告しても良いでしょうか?
不動産の売却価格と評価額に大きな差がありますが、相続税の申告はどちらに金額で計算するのが正しいのでしょうか?
【お客様の声】相続手続きのお手伝いをさせていただいた方から御礼のメールをいただきましたので、ご報告致します^^
会社員の夫が急死しました。これからどうやって生活していけば良いのか…遺族の生活保障制度について教えて下さい。
主人の年金だけで生活している為、独りになったときの将来が不安です。遺族が受け取れる年金などはないのでしょうか?
相続税申告後に財産(株)を持っていたことを知りました。今からでも申告できるのでしょうか?何か罰則はあるのでしょうか?
法定相続人の中に相続放棄をした人がいる場合、基礎控除の計算はその人の分(1人なら600万円)だけ減ってしまうのですか?
相続税の申告をするときに、お葬式にかかった費用は財産からマイナスしても良いと聞いたのですが、本当ですか?食事代は?花代は?
相続が開始する前に家族で話し合いをしていたのですが、その遺産分割協議は有効ですか?無効ですか?
財産のほとんどが不動産でしたので、相続税を払うお金がありません。借金してでも払わないとダメなのでしょうか…?
何度も話し合った結果、やっと先日遺産分割の話がまとまったのですが、それから数日して遺言書が見つかったようです。この場合、どうなるのでしょうか?
父が遺した遺言書の中に「持戻しの免除」という言葉がありました。全く意味がわからないのですが、どのように解釈すれば良いのでしょうか?
遺留分の請求は本人に代わって代理人ができますか?突然そのような連絡を受けて、どのように対応すればよいか困っています…
無事に遺産分割協議が終わったのですが、しばらくして多額の借金があったことが発覚しました。今さらかもしれませんが、相続放棄は出来るのでしょうか?

その他、多くのご相談実例があります。随時更新予定です。

遺産相続手続きの流れ 当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターご相談受付窓口事務所のご案内
G1行政書士法人

TOKYO

〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10 HULIC&New SHINBASHI 713

「新橋駅」出口徒歩4分 都営三田線「内幸町駅」A2 出口徒歩3分

日本行政書士会連合会 第14081560
東京都行政書士会 会員番号 第10140号

アクセスマップはこちら>>

OSAKA

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8 淀屋橋MIビル3階

「淀屋橋駅」11番出口徒歩4分 「北浜駅」6番出口徒歩6分

日本行政書士会連合会 第11260290号
大阪府行政書士会 会員番号 6071号
宅地建物取引士 登録番号104339号

アクセスマップはこちら>>

メールでのご相談はこちら
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.