HOME >> 実際にあったご相談実例

実際にあったご相談実例

日々お寄せいただくご相談の中から、よく耳にする事例を抜粋してご紹介します。

日々多くのご相談が寄せられている中で、全く同じケースは存在しませんが、よく似たケースが存在することはもちろんあります。

全く同じではありませんが、似たケースが見つかるかも?

そういった事例をご紹介することで、「自分の場合はこういう解決方法があるのか」「我が家のケースではこういう手続きが必要なんだな」ということにお気付きいただけることもあり、守秘義務の関係で個別具体的な内容は掲載できませんが、出来るだけ多くの事例をご紹介していきたいと考えております。
当サイトをご覧いただいたことがきっかけとなり、問題解決や手続き完了の少しでもお役に立てれば嬉しい限りです。

それでもやはり「どうしてよいかわからない」「何をすればよいかわからない」という方にはそれぞれのケースに合わせてアドバイスさせていただきますので、お困りの際はお気軽にご相談いただければと思います。
初回のご相談は60分無料となっております。専門家が直接ご相談内容をお聞き致しますので、安心してご相談下さい。

無料相談、ご質問等はこちらから

相続における重要ポイント
相続税がかかる方 相続税がかからない方 相続税がかかるかどうか不明な方

実際にあったご相談実例

主人が交通事故で突然亡くなり、いざ相続手続きをしようと思ったものの、何から手をつけたらよいのかわからず困っています…
葬儀後の手続きにはどのようなものがあるのでしょうか?
初めての遺産相続手続きで、一人で全て手続きできるか不安です。難しいところだけ代行していただくことはできますか?
公共料金の引き落とし口座が凍結し、同一口座で生活費もすべて管理していたので、当面の生活費が工面できず困っています。
故人の荷物の中に「遺言書」と書かれてのり付けされた封筒を見つけたのですが、勝手に開けてよいかどうかもわかりません。
死亡により凍結した銀行口座の手続きを途中まで進めたのですが、複雑でよくわからなくて困っています…
相続税がどれくらいかかるかわからない。出来れば相続税の負担を減らしたいが、どうすればよいでしょうか?
トラブルになっているわけではないが、公的な機関を通して遺産分割協議をしたい
ずっと前に死亡した父の不動産を売却することになり、相続登記をしなければならなくなりました。そんな昔のことでも手続きできるのでしょうか?
病院の先生に今週が山場だと言われました。凍結する前に銀行口座からお金を引き出しても大丈夫ですか?
後妻に全財産を相続させる旨の公正証書遺言が出てきました。前妻の子である私は何も相続できないのでしょうか?
もう一人の相続人である姉から、銀行口座の相続手続きの委任状だけが送られてきました。金額も書いてないけど…署名して大丈夫?
九州にいた父が死亡しました。母は施設に入っており、子供の私は長野県にいます。代わりに手続きをしてもらえませんか?
亡くなった主人の甥にあたる子から「自分も相続人だ」という連絡がありました。相続できるのは兄弟までではないのですか?
父が死亡しました。自分は前妻の子ですが、後妻とその子供だけで勝手に相続手続きをされないか心配です…
亡くなった母名義の不動産があります。名義変更の手続きをしたいと思いますので、相続登記に必要な書類を教えて下さい。
民法では配偶者が2分の1を相続することになっているようですが、減らすことはできませんか?
祖父名義の不動産が残されたまま、先日父が他界しました。この不動産はもうもらえないのでしょうか?
相続手続きをしようと戸籍を請求亡くなった主人と前妻との間に子供がいたことがわかりました。この子供は相続人になるのでしょうか?

その他、多くのご相談実例があります。随時更新予定です。

遺産相続手続きの流れ 当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.