HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 相続税の申告をする場合、それぞれの財産額に税率をかければよいのでしょうか?

実際にあったご相談実例

相続税の申告をしようと思っていますが、財産が不動産と預金と車だけです。車は古いので相続税はかからないかと思いますが、不動産と預金はそれぞれの評価額とか通帳の残高に税率をかければ税金がわかるのでしょうか?

いただきましたご相談の中で「車は古いので相続税はかからないかと思いますが」というところがポイントになりそうです。

 

まず、相続税の計算方法については相続税の計算方法のページでもご説明しておりますが、「相続財産総額」が計算の基本となりますので、車がいくら、不動産がいくら、預金がどれだけ残っているなど、それぞれを個別の数字として評価するのではなく、個別の数字を合算した合計額を基準に計算していくことになります。

 

ですので、このご相談の中にあります「車は古いので相続税はかからないかと思いますが」という部分については間違った認識になります。仮に車を財産として記載しなかった場合、財産の記載漏れ、申告漏れになる可能性もありますので注意が必要です。

 

では、車、不動産、預貯金などの全ての財産を合計して「相続財産総額」が出てきた後は、先ほど申しました通り相続税の計算方法の通りに計算をすることになります。財産総額に対してそのまま税率をかけるのではなく、基礎控除をマイナスし、また法定相続人が複数名いれば一旦法定相続分で分割した場合のそれぞれの金額を出す必要もありますので、なかなか単純な計算とは言えないかもしれません。

 

また、不動産に関してよく用いられるのが小規模宅地の特例というものですが、これを活用すれば土地の評価額を80%減額できる可能性があります。例えば1,000万円の評価の土地を200万円として計算しても良いということです。これは税額を抑えるという意味では非常に効果的な特例ですので、要件にあてはまるのであれば活用しない手はないと思います。

しかし、相続税の申告そもそもが「自己申告」ですので、税理士のアドバイスを得ずに自分で申告書を作成してしまうとこういった特例のことに気付かず、結果的に税額が大きくなってしまう可能性も十分に考えられます。様々な特例は国税庁のホームページに記載されておりますので、ぜひ一度ご覧くださいませ。

小規模宅地の特例についてはこちら(国税庁のホームページが開きます)

 

相続税の税率についても併せて回答しておきますと、詳しくは国税庁のホームページに記載されております。(相続税率はこちら

該当箇所だけを抜粋すると下記のような表になっているのですが、

 

【平成27年1月1日以後の場合】相続税の速算表

法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10% なし
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

 

財産額が増えれば増えるほど段階的に税額が高くなるようになっております。

ご自身で計算される場合は、まず財産の総額を計算し、そこから基礎控除をマイナス、その上で法定相続割合で相続した場合の相続額を計算してみてください。その金額が上記表のどこに該当するかを確認し、それに対応する税額をかけ、控除額があればその分をマイナスして算出することができます。
(この税額はあくまでも法定相続割合で相続した場合の自分だけの税額です)

 

この文章だけを読んでいただいても複雑な計算式であることが推測できるかと思いますので、必要であれば概算のお手伝いもさせていただきます。まずはお気軽にご相談下さいませ。

 

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.