HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 〈死亡後の手続き〉携帯電話の手続きについて

実際にあったご相談実例

夫が亡くなり、半年が経ちます。夫と私、娘は携帯電話の家族割引を利用しており、以前携帯ショップに行った際亡くなったことはお伝えしましたが、いまだに夫分の基本料金も含まれた請求書が届きます。口頭だけでは解約にならないのでしょうか。

亡くなられた方の携帯電話の請求書が未だに届く、解約したはずなのに毎月引き落としされている、というご相談はたくさんあります。

定期的に請求書が届くということは、やはりまだ解約できていないということですので、すみやかにお手続きをすすめる必要があります。

 

死亡後、葬儀後に行う手続き一覧はこちらをご覧ください。

死亡後、葬儀後に行う手続き一覧

 

 

携帯電話の使用、機種の購入は、当人と販売者間で交わす「契約」になります。

ご自身が携帯電話を購入された時のことを思い返していただくとわかりやすいかと思いますが、契約の場合、その契約内容が記載された書面に署名・捺印をしているはずです。

最近であれば販売店が用意しているタブレット等の電子端末の画面に署名する場合もありますが、その場合も印刷した控えなどを受け取っているかと思います。

 

よって、まずはどのような契約内容だったのかを知るために、契約書がないか探してみましょう

それが見当たらない場合は、最寄りの携帯電話ショップに連絡します。

もちろん契約をしているキャリア(ドコモならドコモショップ、auならauショップなど)に連絡をしてくださいね。

その際、契約者の電話番号を把握していると話をスムーズに進めることができますので、携帯電話ショップに連絡をする前にはメモを取っておいたほうがよいと思います。

 

直接携帯電話会社への連絡でも受け付けしてくれますので、必要に応じて下記のホームページをご覧ください。

 

〈主な携帯電話会社ホームページ〉

DoCoMo(ドコモ) ご契約者の死亡による承継または解約

au(エーユー) 契約者が死亡したためau携帯電話を解約したい

softbank(ソフトバンク) 契約者死亡に伴う解約の手続き方法を教えてください。

 

 

いずれの携帯電話会社においても、お手続きは最寄りのショップになります。

また、手続きの方法としては、契約内容をご家族が引き継ぐ「承継」と「解約」があります

 

「承継」の場合、基本的に以下の書類が必要となります。

1)相続人であることがわかる戸籍謄本

2)新たに契約する(引き継がれる方)の身分証明書

3)引き落とし口座にする銀行のキャッシュカードまたは通帳

 

「解約」の場合、基本的にはご契約者様の相続人のみお手続きを進めることができます。

1)亡くなった事実がわかる書類

(例)除籍謄本、死亡診断書、葬儀案内状

2)ご利用されていた携帯電話のカードチップ

(例)SIMカード、auIDカード、UIMカード

3)来店者の本人確認書類

(例)運転免許証、マイナンバーカード

 

いずれも各携帯電話会社によって詳細が異なりますので、必ず事前に最寄りのショップにご連絡をして確認してください。

 

 

携帯電話に関する手続きで一番注意していただきたいことが、契約内容に関する確認です。

携帯電話の契約と言っても、料金プランや家族割、さらに携帯本体料金の分割支払い(いわゆる割賦契約)等個々によって様々な契約内容になっているかと思います。

 

契約内容によっては多額の違約金が発生したりということも耳にしております。

まずは契約内容を「承継」し、一定の期間を過ぎてから「解約」する方が無駄な出費を防げる場合もあります

 

死亡の連絡をした際、手続きを進める前に契約内容について事前に確認をしてください

それをすることで、ご本人様以外知らないオプションなどの請求書がずっと届くということも防げるかと思います。

 

スマートフォンの場合、携帯電話会社とは別に課金アプリから定期的に請求される場合もありますので、そのようなものがないか併せて確認してください。

(これについてはクレジットカードでの支払いの場合もありますので、その場合はクレジットカードの利用明細から確認する必要があります)

 

 

銀行口座から引き落としで携帯電話料金を支払われていた場合、銀行が凍結してしまうと料金の支払いができず、後ほど督促状が送られてくる場合があります。

故人の通帳を確認し、どの口座からどのような引き落としがあるのかを確認しておきましょう。

凍結されている場合、その旨を伝えれば振込用紙で未払金や残金の請求書を送ってもらえる場合がほとんどです。

 

携帯電話の手続きも、新聞やインターネットと同様に「契約」に関するお手続きになります。

新聞、インタ―ネットに関するお手続きは下記をご覧ください。

〈死亡後の手続き〉新聞、インターネットの手続きについて

 

 

死亡後の様々な手続きにつきましては、余計なトラブルを防ぐためにもすみやかにお手続きをすることをお勧めします。

 

 

相続手続きの代行について詳しく知りたい!方はこちら>>

サービス内容・手続き料金一覧

 

■■■■■■■まとめ■■■■■■■

・携帯電話の手続きは、最寄りの携帯ショップで手続きができる。

・手続きの方法は、「承継」と「解約」の2種類となる。

・必要書類、契約内容等、事前に各契約会社に連絡をして確認する。

・手続きは、すみやかに進める。

 

 

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.