HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 嫁に出た私には実家を相続する権利はないのでしょうか?

実際にあったご相談実例

母はすでに他界しており、今回父が亡くなりました。相続財産は実家(土地、建物)のみです。私は兄と2人兄妹で、実家には兄が住んでいます。私は嫁に出て戸籍も抜けており、もちろん名字も変わっています。私は何も相続することはできないのでしょうか?

男性女性に関わらず、結婚を機に戸籍を抜ける(新たに戸籍を作る、他の戸籍に入る)ことは特別なことではなく、むしろ一般的にはそうなるケースの方が多いのではないかと思います。

 

では、結婚を機に親の戸籍から抜けてしまった場合、自分の親の相続人になれないのでしょうか?

 

 

答えはもちろんNOです。

今回のご相談で検討してみますと、論点は大きく以下の2つに分類されます。

 

 

①嫁に出ている
→父とは別戸籍であるので、そこに相続権が生じるのかどうか

②実家に兄が住んでいる
→自分が住居していない土地建物に対し、またそこには自分以外の他の相続人が居住していた場合、法定相続分を主張出来るのかどうか

 

 

では、一つずつ検討していきましょう。

 

 

①嫁に出ている→父とは別戸籍であるので、そこに相続権が生じるのかどうか

 

答えはYESです!

民法には相続人について下記の通り記載されています。

 

〈民法第887条第1項〉
被相続人の子は、相続人となる。

〈民法第890条〉
被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

 

つまり、子供は常に相続人であり、被相続人(お亡くなりになられた方)に配偶者がいた場合、その配偶者も相続人ですよということです。

 

ここでのポイントは、「子であることが相続人としての必要条件であり、同じ戸籍にいるかどうかは関係しない」ということです。

 

ちょっと想像していただければお分かりいただけるかと思いますが、仮に”結婚して戸籍を抜けたら相続人ではなくなる”とすれば、”相続人になるために結婚しない”という人が増えそうな気がしませんか?

ただでさえ少子高齢化の時代、もちろん結婚せずともパートナーとして生活を共にすることはできるかもしれませんが、その二人の間に生まれた子供は戸籍上は非嫡出子であり、婚姻前の子供ということになります。

なんだかトラブルが増えそうな気がしませんか?

(難しい言葉が多くすいません…これ以上は脱線になりますのでココまでにしておきます)

 

まとめますと、父の子であることは、父の出生から死亡までの除籍謄本・改正原戸籍、またはお子様の戸籍謄本を確認すれば親子関係が確認できます

その証明ができれば、たとえその時点で別の戸籍に入っていても、相続人という立場を全く問題なく主張することができます

 

以上の規定から、配偶者(母)は既にお亡くなりになられていますので、父の子である兄とご相談者様が法定相続人となります。

※お父様にはこの二人以外に子供がいないことが戸籍謄本等から確認出来ています。

 

 

②実家に兄が住んでいる
→自分が住居していない土地建物に対し、またそこには自分以外の他の相続人が居住していた場合、法定相続分を主張出来るのかどうか

 

答えはYESです!

 

たとえお兄様が住んでいらっしゃるとしても、その土地建物の名義がお父様のものであれば、それはあくまでもお父様の財産です。
(建築費用や土地購入費用をお兄様が負担しているなどの特殊な関係がないものとして)

 

名義が誰であるかを確認する方法は、一番早いのはご自宅にある権利証を見ることです。

ただ、普段見る事のない権利証を開いたとき、どこの何を見れば良いのかわからないと言われる方が非常に多いです。

確かにある程度の知識や情報がなければパっと見ただけではわからないかもしれません。

また、その権利証が実は古いもので、贈与や売買によって新しい権利証が発行されているという可能性もゼロではありません。

 

次にできる方法は、法務局で不動産の登記事項証明書(登記簿謄本)を請求する方法です。

こちらも滅多に足を運ぶ事のない法務局ですので、戸惑われる方も多いかと思います。

しかし、現地まで足を運べば案内の方もおられますし、看板などの表示を確認すればある程度わかるかと思いますので、まずは足を運んでみることだと思います。

※法務局には管轄があり、その管轄内の登記事項証明書しか発行することができません。北海道の登記事項証明書を取得するのに沖縄の法務局ではダメということです。

 

上記法務局にも関連しますが、お父様のお住まいだった市区町村の役所で「名寄帳」の閲覧請求をすることでも確認出来るかもしれません。

「かもしれません」とお伝えしましたのは、役所が把握するのはあくまでも固定資産税を支払う人という意味での「納税義務者」であり、不動産の所有者については厳密に管理し、その名寄帳に「所有者」として記載しているかというと、全ての役所でそうとは言えないからです。

 

3つ方法を挙げましたが、一番確実に名義を確認するのは法務局で登記事項証明書を取得することかと思います。

 

 

法務局は「登記」を扱うところであり、登記とは「その土地、建物が誰のものであるか明確にするため、所有者の登録、記録をすること」です。

不動産の相続においては、登記されていることが大きなポイントになってきます。

登記がお父様名義であれば、いくらお兄様が居住している事実を主張したとしても相続財産であることに間違いなく、遺言書があるなど特殊なケースを除けば基本的にはご相談者様にも法定相続割合である2分の1を相続する権利があります。

 

では建物をキレイにスパっと半分に切り分けて…ということができないのが不動産の相続の難しいところですよね。

現実的には今住んでいるお兄様がそのまま継続して住み続けるというケースが多いかと思いますが、その場合はその不動産の評価額の2分の1相当額を金銭にてお兄様から受け取る、つまり自分の持っている2分の1の権利をお兄様にお金で買い取ってもらうという方法も考えられます。

 

ただ、あまりにも不動産の評価が高かった場合、仮に2000万円だったとすれば、その半分の1000万円のお金をお兄様は用意しなければならないことになります。

それがすぐに用意できるのであれば問題ありませんが、なかなか難しいケースの方が多いのではないかと思います。

 

また、今例に挙げました2000万円という評価ですが、この評価を誰がしたかで意見が分かれることが非常に多いです。

役所が定める固定資産税評価額、国税庁が定める路線価、実際に市場で取引される際の市場価格など、評価の方法や査定をする不動産会社によって金額は大きく異なります。

それぞれ自分に都合の良い評価額を主張し始めると…やはり揉めることになるかもしれません。

 

 

最後に1点、ご自宅が相続財産である限り(お亡くなりになられたお父様の名義である限り)、名義変更をするにあたり相続人全員の同意が必要になりますので、お兄様がご相談者様に内緒で名義を完了することは不可能です。

(※例外的に、他人の権利を侵害しない範囲、つまりそれぞれが2分の1ずつの共有名義で登記をするのであれば同意は不要)

勝手に名義変更されてしまう事はありませんか?」というご相談は非常に多いので、ご参考下さい。

 

 

話は戻りますが、結婚し、ご両親とは戸籍が別であるため、自分には相続権がないと思われるご相談もたくさんいただいております。

ご自身に相続権があるかどうか不安なときは、1度当センターにご相談ください。

 

 

■■■■■■まとめ■■■■■■

結婚等によって被相続人と別の戸籍に入っていても、親子関係の事実が戸籍謄本で確認出来れば相続権はある

そこに住んでいるかどうか、居住の有無によって相続権が左右されることはない

 

 

【相続権に関連したご相談実例】

婿養子に行った弟に相続権はあるのでしょうか?

 

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.