HOME >>  実際にあったご相談実例 >>  あなたが相続した預金は大丈夫?銀行口座の相続手続きの期限と後回しにするリスク

あなたが相続した預金は大丈夫?銀行口座の相続手続きの期限と後回しにするリスク

HOME >>  相談実例一覧 >> 

あなたが相続した預金は大丈夫?銀行口座の相続手続きの期限と後回しにするリスク

銀行口座の相続手続きをしたいのですが、そもそも手続きに期限はあるのでしょうか。なかなか時間がとれず、手続きを進められていません。

 

この記事を読んでわかること
  • 銀行の相続手続きに期限はないが、手続きを放置するとリスクがあること

 

この記事では、銀行口座の相続手続きの期限について解説します。

 

結論からいいますと、よく想像される「いつまでに手続きしないと罰則が~」というような、法的な期限はありません

 

だからといって、いつまで経っても手続きをしないで放置していても、リスクしかありません

 

具体的にどのようなリスクがあるのか、代表的な事例を3つご紹介しながら解説していきます。

 

1.リスク①凍結していない=預金を引き出せる状態がリスクになる

 

銀行の預金口座は、相続人や親族の人が銀行側に口座名義人の死亡を伝えることで、初めて凍結されます。

 

(死亡と同時に、あるいは死亡届を提出すると、自動的に口座も凍結すると思っている人もいますが、そのようなことはありません。)

 

つまり、銀行に死亡の連絡を入れない限り、入出金が可能です

 

この状況のまま口座を放置すると、名義人以外の人で通帳やキャッシュカードの所在、また暗証番号などを知っている人がいれば、簡単に預金を使われてしまう危険性があります。

 

当センターにも、実際にこうしたトラブルを含めたご相談は後を絶ちません。

 

銀行の口座凍結と聞くと、相続人からすると「すぐ預金が引き出せなくなる!」というネガティブなイメージがお持ちの人も多いようですが、

相続人が引き出せるということは、他の人も引き出せる可能性を秘めているということになります

 

  • 相続するかどうか迷っている
  • 相続人同士でどう遺産を分けるかまだ決まっていない

などといった理由で、すぐに相続手続きを進める状態でない場合でも、まずは銀行に死亡の連絡を入れ、口座を凍結しておくことが重要です

 

「口座が凍結したけど、預金を引き出したい!」という場合は、こちらの記事をご参考ください。

2.リスク②時間の経過で相続関係が複雑になる

 

銀行の相続手続きに限らず、相続手続きの多くは、相続人全員で手続きをすることになります

銀行の相続手続きの場合、遺言書により

・預金を受け取る人がひとり指定されている場合

・遺言執行者が指定されている場合

は、その人単独で手続きすることができます。

ですが、それ以外(一般的に)、必要書類で相続人全員の戸籍や実印を求められることが多いです

 

相続人は、死亡日時点の相続関係によって決まります。

 

それは、相続手続きの早い/遅いに関わらず変わりません。

 

ですが、もしすぐ手続きをせず放置していると、時間の経過とともに相続人が亡くなる可能性もあります。

その場合、(亡くなった人の)相続する権利は亡くなった人の相続人へと移ります。

これを数次相続といいます。

 

相続人

 

上図の例でいえば、父の相続手続きにおいて、相続人は母、自分、弟の3人でしたが、仮に数年相続手続きをせず、その間母と弟が亡くなったとします。

元々の相続人 手続き時の相続人
(母の相続権が移り)異父兄弟(母の実子)
自分 自分
(弟の相続権が移り)弟の妻とその子ら

 

このように、いざ相続手続きをしようと思っても、手続きに関わる人も書類も増えることになりえるのです。

 

また、相続人の中に高齢者がおり、相続手続きをしない間に認知症等で判断能力がなくなると、相続の手続き先によっては後見人が必要となり、この場合の手続きはさらに複雑になります。

 

残念ながら、いつ誰が亡くなるかはわかりません。

 

そのため、なるべく(当初の)相続人が健在であるうちに、相続手続きを進めておく方がスムーズにことを運べるでしょう。

 

3.リスク③休眠口座になる可能性がある

 

銀行口座の相続手続きが放置されるのは、失念や意図して後回しになるばかりではありません。

 

その他によくあるケースが、どの銀行に故人名義の口座があるのかわからず、手続きをしない(または気付かない)まま放置してしまうケースです。

 

そうして長期にわたり銀行口座が放置されると、「休眠口座」になる可能性があります。

 

休眠口座

 

休眠口座となった預金は、金融機関から預金保険機構に移管され、民間公益活動のために活用することが法律で定められています。

 

また銀行によっては、休眠口座に対して手数料を導入しているところもあります。

利用していないにもかかわらず毎年手数料のみ引かれてしまい、預金が減っていくことも考えられるため、可能な限り銀行口座の相続手続きは早く進めるようにしましょう。

 

4.まとめ

 

銀行口座の相続手続きに期限はありません

 

しかし手続きを後回しにして放置してしまうと、

  1. 凍結していない=預金を引き出せる状態がリスクになりえる
  2. 時間の経過で相続関係が複雑になる
  3. 休眠口座になる可能性がある

といったリスクがあります。

 

期限はなくとも、できるだけ早く手続きを進める心構えが大切です。

 

この記事では、銀行口座の相続手続きの期限に特化して解説しました。

 

銀行口座の相続手続き全般については、ぜひこちらをご参照ください。

だれが、なにを、どのように手続きすべきか、また手続きの際の注意点をより細かに解説しています。

【必見】銀行口座の相続手続き|スムーズに進めるための手順と必要書類(まごころ相続コンシェルジュ)

 

SHARE
この記事を執筆した専門家
行政書士

梶村 竜平Ryohei Kajimura

日本行政書士会連合会12261347号
大阪府行政書士会 第6346号

相続専門の行政書士。相続手続きの全般に精通し、面談から書類作成まで全てに対応。ご遺族の心に寄り添い、一緒に完了・解決まで取り組む。戸籍の収集を得意とし、複雑な相続関係、難読文字の解析に関しては他士業からの信頼も厚い。G1行政書士法人所属。

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

受付時間 / 9:00~20:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

当センターが皆様からお選びいただける”6つの理由”

私たちの想い

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました! 信頼と安心!大阪市営バスに掲載! 弊社の相続サービスがダイヤモンドセレクトに掲載されました! スクロール
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!
相談ご予約空き情報
手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続対策
メールでのご相談はこちら