HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 相続税の支払い方法は現金一括のみでしょうか?

実際にあったご相談実例

今回相続したのは不動産ばかりで、預金がほとんどありませんでした。相続税の支払いは現金一括でないと受け付けてもらえないのでしょうか?いらない不動産もありますので、できればそちらで支払いができればと思うのですが…

相続財産が不動産ばかりだった場合、このご相談をよくお聞きします。地主さんの場合などによくあるケースかもしれませんが、不動産がたくさんあって評価が高ければ、それに伴って相続税額もやはり高額になります。そこで、預貯金や現金がほとんどなかった場合、その相続税はどのようにして支払うのでしょうか?

 

結論としましては、「原則として」現金一括納付です。100万円であろうが1,000万円であろうが、計算して出てきた相続税は申告期限まで(死亡から10ヶ月以内)に全額を金銭にて納付することになります。

 

しかし、やはりそれが難しいという可能性は十分に考えられます。今回のご相談もそうですが、そもそも相続財産が不動産だけだった場合、それから相続人間で分割をした結果、Aさんは預金でBさんは不動産という形で分けてしまった場合などが考えられます。

分割によって不動産のみになってしまった場合は相続人間の話し合いによって相続税額分だけでも預貯金を相続させてもらうこともできるかもしれませんが、そもそも相続財産が不動産だけという前者だった場合はどこかからお金を捻出する以外に方法がないことになります。

 

この場合の救済措置は大きく分けて2つあります。

 

まず1つ目ですが、「延納」という方法です。こちらは「延ばして納める」ということですので、そもそもの納税時期を遅らせるという意味ではありませんが、いくらかずつの分割にしてもらうということです。金額や回数、期間などは全て税務署と相談して決める事になりますが、そもそも支払えるお金があるのに延納をすることは不可ですので、支払うだけの資力がない事の証明も必要になるかと思います。

 

つぎに2つ目ですが、「物納」という方法です。こちらは「物で納める」ということですので、相続財産が不動産ばかりだった場合、その不動産自体を納めてしまうということです。結果的には不動産を手放すことになりますが、納税資金がなければ相続不動産をお金に変えてしまうというのがこの方法です。

ここで一つ注意が必要なのは、ではこの物納する不動産をいくらで評価してくれるのかというところです。不動産の金額はいろいろな見方がありますが、

実勢価格(市場価格):実際に市場で取引されるときの売買代金
路線価評価:国税庁の定める路線価を使って算出する評価額
固定資産税評価額:固定資産税を算出する際の基準となる評価額

などといった評価の方法があります。どれが高いか安いかについては場所、広さ、流通性などによって一概に言えませんが、物納をする際に使われる評価の方法は路線価評価(相続税の申告で使用する評価額)になります。

 

さらにもう少し掘り下げてお話しますと、小規模宅地の特例というものを使って相続税の申告する場合、宅地の評価を8割減にすることができます。ではこの特例を使って申告し、さらに物納を選択した場合、その評価額はいくらになるでしょうか?

答えは8割減された評価額です。仮に1000万円の土地だった場合、200万円の評価として納めることになってしまうということです。この評価減は非常に厳しく(もちろん評価減になるということは相続税額の面でも圧縮の効果があるのですが)、実際の市場価格とは大きく乖離することになってします。物納ではなく市場で取引すればもっと高額になる可能性が高いということです。

 

以上をご理解の上で延納や物納を選択されることも可能ですが、いずれにせよ「支払うお金がない」ということが大前提になりますので、その審査をしてもらうという意味で事前に申請書などを提出し、許可を受ける必要があります。ご希望される方は一度税理士にご相談されることをお勧め致します。

 

お金がない=延納や物納とすぐに考えず、それよりも特例などを活用してそもそもの相続税額を抑える方法がないのか、その辺りの検討をまずされることをお勧め致します。

 

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.