HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 自分は前妻の子ですが、後妻とその子供だけで勝手に相続手続きをされないか心配です…

実際にあったご相談実例

父が死亡し、前妻の子である自分も相続人になることは知っています。ただ、後妻とその子供とは全く連絡を取ったことがないので、自分の知らないうちに相続手続きが終わってしまわないか心配です…

自分がまだ幼いうちに両親が離婚した場合は特に、父親と連絡を取ることはあったとしても、後妻とその子供と連絡を取ることは少ないのではないかと思います。

そういった場合に生じる問題が今回のご相談で、実の父親が亡くなった場合、たとえ両親が離婚をしていたとしても、自分にも相続する権利があります。つまり、今回のケースで相続人となるのは前妻との間の子(ご相談者様)、後妻、後妻との間の子の計3人です。
さらにもう一歩踏み込んでお話しておきますと、今回のように相続人が配偶者と子供だった場合、死亡時点での配偶者は遺産の2分の1を相続する権利を有し、子供は残りの2分の1をその人数で等しく分けることになります。

そして本題は「後妻とその子供で勝手に相続手続きを完了されないか」ということですが、それに関しては心配いりません。
相続手続きをする為には、故人の戸籍を生まれたときから死亡したときまで、一時も途切れることなく揃える必要があります。

戸籍はその人の人生そのものを表します。
戸籍を揃えることによって、前妻であるお母さんの存在、そのお子さんであるご相談者様の存在も全て明らかになります。

そして、それら戸籍を相続手続きの際は添付し、さらに各種手続きの書類への相続人全員の署名、押印(実印)、印鑑証明書の提出が求められますので、自分自身が署名押印をし、印鑑証明書を渡さない限りは知らないうちに遺産相続手続きが終わってしまうことはありません。

ただし、ここで一つ注意が必要なのは、お亡くなりになられたお父様が生前に「公正証書遺言」を作成し、その中で後妻及びその子にだけ相続させる旨の記載をしていないかどうかです。
この場合、各金融機関等によって対応は異なりますが、公正証書遺言書の中に記された相続する権利を有する者の署名押印、印鑑証明書さえあれば、手続きが完了してしまう可能性があるのです。

では仮に公正証書遺言書があり、後妻とその子供にだけ相続させる旨の記載があった場合、その遺言書を後妻がわざわざ披露してくれるでしょうか?おそらく「見せてくれ」と請求をされた時に初めて開示するのではないかと思います。

こうなってしまうともうただ待つしかないと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。平成元年1月以降に作成された公正証書遺言については、全国どこの公証役場でも検索してもらうことが可能です。
(この際はもちろん自分が相続人であるという身分を証明する必要がありますので、お亡くなりになられた方と自分との関係を示す戸籍等、いくつかの書類をを持参する必要があります)

この検索で遺言書が見つかれば、相続人なら内容を確認することが可能です。
見つからなければいつか必ず自分の署名押印を求めてくる時がきます。その時まで待つか、または自分から連絡をするか、いずれかの対応をしましょう。

※銀行口座の凍結前に預金を全て下ろしていたり、不動産の名義変更を済ませていた場合、そもそも「遺産がない状態」ですので、何も連絡がこない可能性もあります。この場合、自分が何も相続できないかというと、そうではありません。不安に感じた場合はまずは専門家にご相談下さい。

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.