HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 認知症(アルツハイマー、痴呆など)の父の遺言書作成

実際にあったご相談実例

父が認知症と診断されました。日によってははっきり会話できるときもあり、何もわからない状態ではなさそうですが、今から遺言書を作成することはできないのでしょうか?

遺言書を作成するにあたり、一番大切なことは「遺言能力」があるかないかです。「遺言能力」とは聞きなれない言葉かと思いますが、文字通り「遺言書を書くに足りる能力」ということです。

 

その内容は具体的には民法の条文で規定されており、

・十五歳に達した者は遺言をすることができる。(民法961条)
・遺言者は、遺言をする時においてその能力を有しなければならない。(民法963条)

の二つが挙げられています。

民法961条については明確であり、年齢が十五歳に達するかどうかではっきり区別されます。しかし問題は民法963条です。この「能力」が具体的に明記されておらず、認知症の方が遺言書を作成できるかどうかの判断を困らせている部分でもあります。

 

もう一つ、民法の中に下記の記載があります。

・成年被後見人が事理を弁識する能力を一時回復した時において遺言をするには、医師二人以上の立会いがなければならない。(民法973条②)

ここでは「成年被後見人」に限ってのことが記載されておりますが、成年後見の申立てをし、本人が「成年被後見人」となった場合には上記の記載に基づき、医師二人以上の立会いがあれば公正証書遺言を作成することは可能です。

 

では、成年後見の申立てをしない場合、成年被後見人として認められていないときの認知症患者は遺言書が作れないのかというと、必ずしもそういうわけではなく、やはりその遺言書を作成する時点で「事理を弁識する能力」があるかどうかが判断のポイントになります。

 

それを裏付ける一つの根拠資料として医師の診断書を取得するという方法もありますが、医師はあくまでも医学的な観点から診ますので、その診断書があれば必ずしも遺言書が作成できるというわけではありません。

もっと言えば、公正証書遺言を作成するのは公証人であり、公証人がOKを出すかNGを出すか、それ次第になります。

しかし、今までの判例から申しますと、公証人が事理弁識能力を確認し、間違いないと判断して作成した公正証書遺言が無効と判断されたケースもありますので、「公証人のOK=絶対有効」ということでもないということです。

 

自筆遺言の場合であれば誰の許可を得ることもなく遺言書を書くことができますが、いざ相続が開始し、その遺言書を見たとき、「Aに全て相続させる、Bには何も相続させない」という内容であれば、やはりBさんからその遺言の効力について無効を主張する訴訟を起こされる可能性も高くなるでしょう。そのときの理由は「Aさんが遺言書を書かせた」「本人は認知症になっていて、遺言書なんて書けるはずがなかった」です。

 

結論から申しますと、認知症と診断された場合でも遺言書を書くという行為自体は不可能ではありません(手が不自由でなく字が書ける、もしくは公証人の前でしっかり話ができることが前提)。

問題はその効力、有効か無効かという点について、最後の最後まで「絶対」はないということです。

 

少しでもその無効になるリスクを避けるのであれば、まずは自筆よりも公正証書にすることです。それであれば、公証人がある程度の判断はしてくれます。あとは一日でも早く作成すること、認知症やアルツハイマーといった診断をされてしまう前に作成してしまうことです。

 

こんな状態で遺言書が作れるのかな?こんな時はどうしたらいいのかな?迷われた際はぜひご相談下さい。せっかく書いた遺言書が無効と判断される、トラブルを招く、そんなことにならないようできる限りのアドバイス、お手伝いをさせていただきます。

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.