HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 遺産分割協議成立後に多額の借金が判明!今さら相続放棄できる?

実際にあったご相談実例

長かった遺産分割協議が終わって安心していたのですが、しばらくして被相続人に多額の借金があることが判明しました。もちろん私は相続放棄の手続きしていませんし、相続放棄ができる期間もすでに経過しています。私はこの借金を背負っていかないといけないのでしょうか…

後になって多額の借金が見つかるというケースですね…

ご相談にこられた際も、少し自暴自棄になられているようでした。

確かに自分のことに置き換えてみると、そうなってしまう気持ちもすごく良くわかります。

 

 

それでは、順にご説明させていただきますね。

 

 

 

まず、少し難しい言葉を使いますが、借金のことを『金銭債務』と言います。

実はこれが少し特殊な性質を持っていまして、金銭債務は遺産分割の対象になりません

 

遺産分割協議では「誰が」「何を」「どれだけ」相続するかを決めるのですが、金銭債務については相続によって当然に各相続人に法定相続分で承継されるとされているんです。

 

従いまして、遺産分割協議においてどのように決めたとしても、債権者(いわゆる貸主)が承諾しない限り、相続人は法定相続分に従って債務を負担することになるんです

 

これはぜひ覚えておいてくださいね!

 

 

 

では、本題に回答致しますと、遺産分割協議成立後に多額の借金(相続債務)が判明した場合、相続放棄の申述は・・・

 

 

できる可能性は残されています!

 

 

「えっ?無理でしょ?」と思われる方も多いかもしれませんが、遺産分割協議が終わってしまうともう救いようがない…ということではないんです。

 

遺産分割協議成立後の相続放棄は絶対にできない!と思われている方も多いと思いますが、”絶対にできない”ということはありません

 

少し光が見えましたね^^

 

 

また「相続放棄の期限は3カ月以内」という期限をご存知の方も多いと思いますが、では「いつから3カ月以内なのか」はご存知でしょうか?

この「いつから」という期限のスタートを「起算日」と言いますが、死亡日から3カ月ではなく、自分が相続人であることを知ってから3カ月(自己の為に相続が開始したことを知ってから3カ月)です。

 

では、どう考えてもその3カ月を超えてしまったとき、やはりもう相続放棄はできないのかというと、”相続人が相続債務が存在しないと信じたことについて相当な理由があれば(知る機会が全くなかったなど)”

・相続債務のほぼ全容を認識したとき

・または通常これを認識し得るべきとき

から熟慮期間(3カ月)を起算することができます。

 

 

つまり、相続債務が存在することを全く知る機会がなかったのであれば、たとえ自分が相続人であることを知ってから3カ月を過ぎてしまっていたとしても、それ自体は相続放棄をする上での障害にはなりません。

 

結論、相続放棄の一番のポイントは起算日ということです!

 

 

 

ただ、遺産分割協議が完了している場合、それが遺産の処分行為として法定単純承認事由に該当し、この点において相続放棄申述ができないのではないかという問題が出てきます。

難しい言い方ですいません…少し言い換えてみますね。

 

少しでも財産に手をつけると相続放棄ができない!というイメージは皆さんお持ちかと思いますが、「遺産分割協議の完了=財産に手をつけた」という風に受け取られてしまうのでは!?ということです。

 

 

落ち着いて考えてみましょう。

 

仮に初めから多額の債務の存在を認識していたとすれば、どうしますか?

相続しますか?

放棄しますか?

おそらくほとんど100%の人が放棄を選択されると思います。

 

そもそも初めから被相続人に多額の相続債務があることを認識していれば、当然相続放棄をするでしょうと考えられるということです。

したがって、確かに完了しているかもしれませんが、その遺産分割協議は要素の錯誤によって無効となり、法定単純承認の効果も発生しないということです。

 

 

 

最後にもう少し踏み込んでみましょう。

遺産分割が無効となったとして、既に不動産の登記が完了していた場合、さてどうなるのでしょうか。

 

 

相続人全員が署名捺印した遺産分割協議書に基づいて不動産をAさんが取得することになった

その成立済の遺産分割協議が無効になる

改めて遺産分割協議

Aさん以外の人が取得することになった

 

という場合には、

・Aさん名義の登記の抹消

・新しく引き継ぐことになった方への移転登記

を行うことになります。

 

このように遺産分割協議が無効となった場合は、はじめから協議のやり直しとなり、当然ながら相続手続きが長引くことになります。

 

 

いろいろな可能性についてお話しましたが、当初の段階からしっかり調査しておくことでこういったリスクはある程度回避できるはずです。

相続というとどうしてもプラスの財産に目がいってしまいがちですが、マイナスの財産もきちんと調べておきましょう。

個人間の貸し借りなどになってしまうとどうしても見つけにくいですが、できる限りの債務調査もしておくことをお勧め致します。

 

「借金はないと思います」という思い込みは危ないかもしれませんよ。

 

 

まとめ

遺産分割協議が完了した後でも相続放棄が絶対にできないわけではありませんが、協議のやり直しになるとまた大変な手続きになります。

安易に考えず慎重に、できれば債務調査を進めてから協議するようにしましょう!

 

 

 

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
当センターご相談受付窓口事務所のご案内
G1行政書士法人

TOKYO

〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10 HULIC&New SHINBASHI 713

「新橋駅」出口徒歩4分 都営三田線「内幸町駅」A2 出口徒歩3分

日本行政書士会連合会 第14081560
東京都行政書士会 会員番号 第10140号

アクセスマップはこちら>>

OSAKA

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8 淀屋橋MIビル3階

「淀屋橋駅」11番出口徒歩4分 「北浜駅」6番出口徒歩6分

日本行政書士会連合会 第11260290号
大阪府行政書士会 会員番号 6071号
宅地建物取引士 登録番号104339号

アクセスマップはこちら>>

メールでのご相談はこちら
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.