HOME >>  実際にあったご相談実例 >>  相続放棄と基礎控除(相続税の計算において)

【相談事例】相続放棄と基礎控除(相続税の計算において)

HOME >>  相談実例一覧 >> 

【相談事例】相続放棄と基礎控除(相続税の計算において)

父死亡、母と自分と弟が相続人ですが、弟が相続放棄をすることになりました。そもそもは相続人が3人で4800万円までは相続税がかからない範囲かと思いますが、この場合は1人減って4200万円までが非課税の範囲になるのでしょうか?

ハッとさせられるようなご相談ですね。

 

そうです、家庭裁判所に相続放棄の申述をして受理されると、「そもそも相続人ではなかった(例えば、本来であれば法定相続人が3人のところ、1人が相続放棄をすれば法定相続人が2人になる)」ことになります。ということは、相続人1人あたり600万円として計算する基礎控除に関しては法定相続人の数が減ることになりますので、結果的に600万円×放棄した人の人数だけ基礎控除が減るのではないかと考えられそうです。

 

これに関しては、国税庁のホームページ内に明確に記載されております。(国税庁の相続税の計算に関するページはこちら

具体的な箇所は上記リンクをクリックしてページを開いていただき、「No.4152 相続税の計算」の中の茶色のタイトルバーの2つ目「2 相続税の総額の計算」の(注)1を見て下さい。

「1 法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。」と記載されているのがご覧いただけると思います。

言い方が少しわかりにくいかもしれませんが、つまり、法定相続人の中に相続放棄をした人がいても、そもそもの法定相続人の数で控除額を計算してもよいとということです。

 

基礎控除の金額は相続税の申告が必要かどうか、納税義務があるかどうかの確認をする上で非常に大切な数字です。本当は納税しなければならないのに計算間違いをしてしまい、結果的に申告漏れで追徴課税になったというご相談もありました。

税金に関することであれば税務署に直接問い合わせをして教えてもらうこともできますし、申告のお手伝いであれば当センターでももちろん対応しておりますので、相続税に関することで何かご心配、ご不安などございましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

相続税についてもっと詳しく知りたい!方はこちら>>

【相続税がかかる方】申告期限は10か月以内!特例を使って節税

【相続税がかからない方】申告以外にも手続きは山積み(一覧表も掲載)

【どちらかわからない方】財産調査をしてみましょう!申告の有無がわかります

 

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

私たちの想い

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

0120-0556-52

受付時間 / 9:00~20:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました! 信頼と安心!大阪市営バスに掲載! 弊社の相続サービスがダイヤモンドセレクトに掲載されました! スクロール
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!
相談ご予約空き情報
手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続対策
メールでのご相談はこちら