HOME >>  実際にあったご相談実例 >>  相続人が刑務所で服役中(在監中)の場合の遺産相続手続き

【相談事例】相続人が刑務所で服役中(在監中)の場合の遺産相続手続き

HOME >>  相談実例一覧 >> 

【相談事例】相続人が刑務所で服役中(在監中)の場合の遺産相続手続き

主人の父が亡くなり、一人っ子だった主人と主人の母が相続人になるようですが、実は主人が刑務所で服役中です。
遺産相続手続きを進める為には主人の印鑑証明書と実印が必要だと義母から言われているのですが、私が代わりに役所で取ってきて押印しても良いのでしょうか?

相続人の中に刑務所に入所中(服役中、在監中)の方がおられる場合、通常の遺産相続手続きでありますご本人の署名押印(実印)、印鑑証明書の提出が難しい状況です。

 

では刑期が満了し、出所するまでは手続きが一切できないのかというと、

 

別の方法にて手続きを進めることが可能

 

です。

 

 

まず大切なことは、相続財産をどのように分けるのかを決める遺産分割協議ですが、これはご本人と面会し、直接話をすることで可能です。

服役中だからといって意思表示ができないとか意思の決定ができないわけではありませんので、話をして合意を得ることができれば特に問題ありません。

 

 

しかし、協議の後はその内容をまとめた「遺産分割協議書」を作成するのですが、実印での押印と印鑑証明書の添付が原則であり、服役中の方はその作業が難しい状況です

 

認印でも書類としては有効かもしれませんが、やはりその信ぴょう性が疑われてしまいますし、特に不動産の相続手続きに関しては、相続人全員の実印と印鑑証明書の添付がなければ申請を受け付けしてもらうことができないのです。

 

 

そこで、それに変わる手続きとして認められているのが、遺産分割協議書に

 

在監者の拇印を押捺してもらい、刑務所長の奥書証明をもらう

 

ことで手続きが可能になります。

 

 

 

「奥書証明」とは聞き慣れない言葉かと思いますが、

 

要はその拇印が在監者本人のものであるということを刑務所長が証明しますという内容の書類になります。

 

 

 

これ以外にも在所証明、在監証明などを添付する場合もありますが、金融機関ごと、提出先によって求める書類も異なりますので、まずはどのような手続きがあるかをしっかり把握し、服役中の相続人の協力を得る前にどういった書類が必要かを確認しておいた方が、何度もやり取りをする手間が省けるかと思います。

 

 

 

いずれにせよ、かなりイレギュラーな手続きになることは間違いありません。

 

奥書証明も単に書類を郵送すれば勝手に書類が返送されてくるものではなく、例えば金融機関から「手続きを進める為には奥書証明が必要です」という書類を発行してもらい、それを先に刑務所に提出するなどできればスムーズに進むこともあります。

 

相続税の申告がある方、準確定申告(故人の所得税の申告)が必要な方は死亡日から4ヶ月以内、10ヶ月以内という期限もありますので、こういった進め方については経験のある専門家にご相談された方が良いかと思います。

 

 

当センターでは相続人の中に服役中の方がおられる場合の相続手続きの代行もおこなっております。お気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

私たちの想い

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

0120-0556-52

受付時間 / 9:00~20:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました! 信頼と安心!大阪市営バスに掲載! 弊社の相続サービスがダイヤモンドセレクトに掲載されました! スクロール
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!
相談ご予約空き情報
手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続対策
メールでのご相談はこちら