遺言書で生命保険の受取人は変更できる?受け取るための注意点を解説

父が母を受取人にしていた生命保険があるのですが、先日作成した遺言書で、どうやら私に受取人を変更したと聞きました。父が亡くなった時、生命保険を受け取るのは母と私のどちらでしょうか。母も私も相続人になる予定なので、トラブルはできるだけ避けたいです。

 

この記事を読んでわかること
  • 遺言書で、生命保険の受取人の変更はできる
  • 遺言書で受取人変更がされていた場合、
    相続人は必ず保険会社に変更の通知をすること

 

生命保険の受取人は、遺言書で変更することができます。

これは、保険法で認められています。

 

しかし、生命保険の受取人の指定は保険会社との契約によるため、遺言書で変更された内容が有効かどうかは、各保険会社に事前に確認するようにしましょう

 

この記事では、遺言書で生命保険の受取人が変更された場合、どのように対応したらよいかについて解説します。

 

1.遺言書による受取人の変更は法律で認められている

 

繰り返しになりますが、遺言書で生命保険の受取人を変更することができます

 

保険法44条 第1項

保険金受取人の変更は、遺言によってもすることができる。

 

そもそも生命保険は、契約者と保険会社の二者間で結ぶ契約であるため、その内容を変えたい場合は、再度二者間での合意が必要です。

(変更の内容やタイミングは、各保険会社の決まりがあるため注意が必要です。)

 

しかし遺言書であれば、思い立った時にいつでもひとりで自由に作成したり、書き直したりすることが可能です

 

そのため、生命保険の受取人を変更したい場合、生命保険会社を通さない容易さから、遺言書で変更するケースも少なくありません。

 

2.遺言書で受取人の変更をする際の注意点

 

遺言書で生命保険を受け取ることになった場合、相続開始後すぐに保険会社に伝えて手続きをしましょう

 

保険会社は、遺言書の内容を知り得ません。

そのため、「遺言書によって、保険金の受取人になった!」と自身で保険会社に伝えない限り、その保険金は変更前の受取人に支払われてしまいます

 

このことは、法律でも決められています。

保険法44条 第2項

遺言による保険金受取人の変更は、その遺言が効力を生じた後、保険契約者の相続人がその旨を保険者に通知しなければ、これをもって保険者に対抗することができない。

 

上記をふまえると、遺言書の効力は相続開始後に発生しますが、遺言者が遺言書を作成した時点で、あらかじめ保険会社に状況を伝えた方が堅実でしょう

 

3.まとめ

 

生命保険の受取人は、遺言書で変更することは可能です。

 

ですが、遺言書に変更の記載をするだけで完了!ということはなく、最終的には必ず保険会社に通知をする必要があります

(また、その遺言が有効かどうかも保険会社によるため、必ず確認しましょう。)

 

また、保険金の受け取りの入れ違いなど、当初の保険受取人と遺言での変更後の受取人とでトラブルにならないためにも、例え手間であっても、遺言書ではなく、保険の契約内容自体を変更することをお勧めします。

 

 

お問い合わせは0120-0556-52まで
(ご相談は無料、タップですぐに電話ができます)

 

SHARE
この記事を執筆した専門家

小畑 裕子Yuko Obata

大阪府行政書士会 第090073号

行政書士補助者。遺産相続の実務手続きを担当し、年間1,500件を超える相談にも対応。管理栄養士の資格を持ち、遺言や信託を検討している高齢者を食と健康の面からサポートする。G1行政書士法人所属。

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

受付時間 / 9:00~19:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

当センターが皆様からお選びいただける”6つの理由”

私たちの想い