HOME >> 実際にあったご相談実例 >> 未成年者の子供が家庭裁判所で相続放棄をすることはできますか?

実際にあったご相談実例

先日夫が亡くなりました。私たちの間には子供が1人おりますが、まだ未成年です。たくさんの借金があったので子供にも相続放棄をさせたいのですが、未成年でも相続放棄はできるのでしょうか?その場合はどのように手続きすれば良いのでしょうか?

未成年のお子様がおられるとのこと、ご主人を亡くされて今後の生活にも不安を感じておられるかと思います。

その上でたくさんの借金があるとなれば、期限内に滞りなく相続放棄をしておかないと、その借金を背負って生活していくことになってしまうかもしれません。

 

今回のご相談のキーポイントはお子様が未成年というところかと思いますが、その場合でももちろん相続放棄をすることは可能です。

 

まず、相続関係を考えてみますと、次のような図で表すことができます。

(相続関係図)

111

 

お亡くなりになられたのが夫Aで、配偶者である妻Bとそのお子様Cの2人が法定相続人として遺産分割協議などを行うことになります。

この場合、まず大切なことは、妻Bが子供Cの親権者(法定代理人)として署名捺印することができないという点です。

これについてはご相談実例の「遺産相続手続きにおける特別代理人とはどんな人でしょうか?」で詳しくご説明しておりますので、そちらをご一読下さいませ。

 

遺産相続手続きにおける特別代理人とはどんな人でしょうか?」の事例を見る>>

 

いかがですか?ご理解いただけましたでしょうか?

配偶者Bと子供Cはいわゆる利益相反の関係になりますので、配偶者Bが子供Cの代理人として意思決定をすることはできないということです。

そこで登場するのが特別代理人という人ですが、では、今回のケースで未成年の子供Cが相続放棄をする場合、特別代理人の選任が必ず必要になるのでしょうか?

 

答えはYES、NOどちらとも言えます。

 

もう少しわかりやすくご説明致しますと、今回のご相談は大きな枠組としては「相続放棄」ですが、実はいくつかのパターンが考えられます。

 

1 配偶者Bだけが相続放棄する場合
2 子供Cだけが相続放棄する場合
3 配偶者Bと子供Cの両方が相続放棄をする場合

 

つまり、「誰が」という部分がいろいろ考えられるのですが、以下、それぞれの場合ごとに解説していきます。

 

 

1 配偶者Bだけが相続放棄する場合

配偶者だけが放棄

そもそも未成年ではない配偶者Bの相続放棄ですので、当然ながら特別代理人は不要です。

では、配偶者Bの放棄が完了したあと未成年の子供Cも相続放棄するとなれば、特別代理人は必要になるのでしょうか?

答えは「不要」です。

なぜなら、配偶者Bは相続放棄が完了した時点で「相続人としての地位を失う」ことになるからです。

相続人でなくなるということは相続する権利がなくなるということであり、その時点で配偶者Bは未成年の子供Cの親権者として、代わりにハンコを押す事ができるようになります。

ですので、このケースでは未成年者が相続放棄をする為に特別代理人の選任は不要と言えます。

 

 

2 未成年者である子供Cだけが相続放棄する場合

未成年者だけが放棄

配偶者Bは相続放棄せず、子供Cだけが放棄する場合ですが、子供Cは放棄をすれば当然「一切何も相続できなくなり」ます。

それによって配偶者Bは利益を得る(自分の相続分が増える)ことになりますので、配偶者Bが子供Cに代わって相続放棄をすることは認められません

誰が考えても明らかですが、配偶者が子供の意思に関係なく勝手に放棄し、自分の相続分を増やす可能性があるからです。

(子供が放棄をした場合、相続順位は父母、兄弟姉妹へと移行することになりますが、配偶者の法定相続割合は2分の1から3分の2、そして4分の3に変わりますので、子供の相続分がなくなるという視点以外でも、実際に配偶者は経済的利益を得る事になります)

つまり、このケースでは相続放棄をする為には特別代理人の選任が必要になります。

 

 

3 配偶者Bと未成年者の子供Cの両方が相続放棄をする場合

配偶者と未成年者が一緒に放棄

両方が一緒に放棄する場合ですね。

これは結論を先に申しますと、「特別代理人の選任は不要」です。

視点は常に「利益相反」、「子供が放棄をすることで配偶者に利益があるか」ですので、配偶者と子供が一緒に放棄をするのであれば、そもそも配偶者自身も相続権を失うことになりますので、自己の利益の為に子供の相続権を侵害するということは起こり得ません。

ですので、特別代理人の選任をせず、配偶者が子供の法定代理人として相続放棄の申立てができるということです。

 

 

以上がご説明になります。

ケースごとに分類するとわかりやすく、また特別代理人の選任には明確な基準があるということがわかると思います。

こういったところまで深く考えて行動する事はやはり難しいかと思いますので、この場合はどうなるのかな?こんなことできるのかな?など、何か気になった場合はいつでもお気軽にご相談いただければと思います。

沢山の事例がある当センターだからこそ、あらゆる場面や状況でお手伝いやアドバイスをさせていただけると思います。

 

(関連ページ)

遺産相続手続きにおける特別代理人とはどんな人でしょうか?

 

■■■まとめ■■■

・配偶者Bだけが相続放棄する場合→特別代理人の選任不要

・未成年者である子供Cだけが相続放棄する場合→特別代理人の選任必要

・配偶者Bと未成年者の子供Cの両方が相続放棄をする場合→特別代理人の選任不要

 

 

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00~18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙 お客様からのお礼のお手紙
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら
その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。 遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!! 遺産相続手続きの流れ
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.