HOME >>  実際にあったご相談実例 >>  葬儀後の手続きは何が必要?

実際にあったご相談実例

実際にあったご相談実例

葬儀後の手続きにはどのようなものがあるのでしょうか?

一言で「葬儀後の手続き」と言っても、事務的な手続きのこと、遺産相続に関する手続きのことなど、分野によってその内容も異なります。
当センターは遺産相続手続きを代行する専門機関ですので、ここでは遺産相続に関する手続きをお伝えさせていただきました。

皆さんがすぐに思いつかれるものとしては、生命保険金の受け取りだと思います。
もちろんそれも遺産相続手続きの一つです。
受け取りの際には証券記号番号、故人の名前、死亡日、死因、保険金受取人の名前等を伝える必要がありますので、まずは保険証券を手元に用意し、各生命保険会社に連絡してみましょう。

他には国民健康保険の「葬祭費」又は社会保険の「埋葬料」の受け取り手続きがあります。
葬儀にかかった費用を負担してもらえるという制度です。
請求に期限がありますので、忘れず請求するようにしましょう。

「死亡一時金」「遺族基礎年金」「寡婦年金」などと呼ばれるものもあります。
これは年金を受給する前に死亡してしまった場合に請求します。
厚生年金の場合は「遺族厚生年金」又は共済年金の「遺族共済年金」となります。
いずれも受給要件などもありますので、専門家への相談が一番だと思います。

その他、医療費控除による税金の還付手続き、所得税の確定申告、所有権移転の登記、株式の名義変更、遺産分割協議書の作成など、本当に数多くの手続きがあります。
これら全てをご自身で手続きなされますか…?

この話を聞いてご相談者様はその場で依頼をされ、その後の手続きは全て当センターが代行し、ご本人様は故人の為に大切な時間を活用されました。

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

私たちの想い

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

0120-0556-52

受付時間 / 9:00~20:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました!
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!
相談ご予約空き情報
手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続対策
メールでのご相談はこちら