HOME >>  実際にあったご相談実例 >>  法定相続分と異なる分割

実際にあったご相談実例

実際にあったご相談実例

民法では配偶者が2分の1を相続することになっているようですが、私はそんなにいらないので、子供に多く相続させて上げることはできませんか?

結論から申しますと、可能です。

民法はあくまでも法律上最低限受け取れる割合を定めているだけであって、遺産分割の大前提は相続人全員での協議、そして協議に基づく合意ですので、皆様でお話し合いをされた結果、相続人の誰かが全てを相続するという内容でも全く問題ありません。

まずは相続人全員で分割について話し合いをしていただき、何か目安となる基準が欲しい、話し合いを進めるにあたって指針となる情報が欲しいという場合に法定相続分をご活用いただければよいかと思います。

尚、法定相続分に関連する規定としまして「遺留分」と呼ばれるものがありますが、遺産分割協議で相続人全員の合意があれば、遺留分も気にせず分割していただいても結構です。

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

私たちの想い

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

0120-0556-52

受付時間 / 9:00~20:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました!
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!
相談ご予約空き情報
手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続対策
メールでのご相談はこちら