HOME >>  実際にあったご相談実例 >>  遺言書があっても遺産分割協議ができるのは「相続人全員の合意」が必須!

遺言書があっても遺産分割協議ができるのは「相続人全員の合意」が必須!

HOME >>  相談実例一覧 >> 

遺言書があっても遺産分割協議ができるのは「相続人全員の合意」が必須!

遺産分割協議が終わった後に遺言書が見つかりました。相続人のひとりに全財産を渡すという内容ですが、当人は協議した内容でよいと言っています。この場合、必ず遺言書の内容通りに相続しないといけないのでしょうか。

 

この記事を読んでわかること
  • 相続人全員の合意があれば、遺言書があっても遺産分割協議はできる
  • 必ず遺産分割協議の前に、遺言書の有無はしっかり確認すること

 

本来であれば、遺産分割協議より遺言書の内容が優先されます。

そのため、もし遺産分割協議後に遺言書が見つかったとしても、遺言書の内容が優先されます。

 

しかし遺言書があっても、相続人全員が「それでも遺産分割協議をしよう」と納得している場合であれば、遺産分割協議をすることは可能です

それは遺された遺言書が、自筆証書遺言でも公正証書遺言でも同じです

 

この記事では、遺言書がある場合の遺産分割協議について解説します。

 

1.遺言書があっても「相続人全員の合意」で遺産分割協議は可能

 

遺言書があっても、遺産分割協議をすることは可能です。

 

ただし、「相続人全員が納得している」ことが必要です。

 

その際、相続人全員が同意していることを示すために、必ず遺産分割協議書を作成しましょう

 

遺産分割協議後に遺言書が見つかった場合も、同様です。

相続人全員が納得していれば、遺言書より遺産分割協議の内容で、相続ができます。

 

また、「遺言書の内容は関係なくなった」からと言って、遺言書を破棄してはいけません

破棄した場合、欠格(相続人でなくなること)になる可能性もあるため、遺言書は大切に扱いましょう。

 

2.もし、遺言書に相続人以外の人が関係していたら…?

 

もし遺言書に、相続人以外の人に財産を渡す内容があった場合はどうなるでしょうか?

 

この場合、相続人だけで「遺産分割協議をしよう」と決めることはできません

(※遺言書の内容によります)

 

必ず、その相続人以外の人の意思(財産を受け取るのかどうか)を確認するようにしましょう。

 

3.まとめ

 

遺言書があっても、相続人全員の合意があれば遺産分割協議をすることは可能です。

(遺言書が後から見つかった場合も同様です)

 

ただし、遺言書が後から見つかると、面倒なことが多いです。

  • 「やっぱり遺言書の内容で相続しよう!」となったり
  • 「遺言書の内容を考慮して、遺産分割協議をやり直そう!」となったり
  • 相続人以外の人が財産を受け取ることになっていたり

する可能性もあります。

 

場合によっては相続手続きが二度手間になることもあるため、遺産分割協議や相続手続きを進める前に、必ず遺言書があるかしっかりと確認しましょう。

 

遺産分割協議が終わった後に遺言書が見つかった、などでお困りの際は、お気軽に当センターまでお問い合わせください。

 

 

お問い合わせは0120-0556-52まで
(ご相談は無料、タップですぐに電話ができます)

SHARE
この記事を執筆した専門家

小畑 裕子Yuko Obata

大阪府行政書士会 第090073号

行政書士補助者。遺産相続の実務手続きを担当し、年間1,500件を超える相談にも対応。管理栄養士の資格を持ち、遺言や信託を検討している高齢者を食と健康の面からサポートする。G1行政書士法人所属。

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

受付時間 / 9:00~19:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

当センターが皆様からお選びいただける”6つの理由”

私たちの想い

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました! 信頼と安心!大阪市営バスに掲載! 弊社の相続サービスがダイヤモンドセレクトに掲載されました! スクロール
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!

トップへ

手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続対策
メールでのご相談はこちら