【不動産の手続き】漫画『わたしと相続の100日物語』

 

このページでは、ゆきこがたどった相続手続きのうち、不動産に関する手続きについてご紹介します。

 

▼1月7日(土)
年末年始に家族が集まったときに、年明けから遺産の相続手続きを始めていこうと話していたゆきこ。

不動産の相続手続き(名義変更)は、専門家に頼む場合は司法書士になります。

長男のかずゆきが近くの司法書士を探しておいてくれました。

 

【おまけ】

不動産の所有者が亡くなり、次の所有者が決まるまでの間の固定資産税は、相続人全員に納付義務があります。

役所から所定の書類が届くので、そこに相続人代表者を1名指定しておくことで、今後その代表者宛に「固定資産税納税通知書」が届くようになります。

この書類で指定した代表者は、税金(固定資産税)を支払う上での便宜上の代表者であって、決してその不動産の所有者ということにはなりません

不動産の名義変更は、別途法務局での手続きが必要になります。

 

▼1月15日(日)
先日のかずゆきの紹介を受けて、早速司法書士さんに電話をしてみますが…
この日は日曜日でした!

 

▼1月16日(月)
翌日、改めて司法書士さんに問い合わせてみます。

ちなみに、不動産の相続手続きに権利証は必須ではありませんが、所有者であることを証明するため、また登記の状況によっては必要になることがあります。


▼1月23日(月)
そしていよいよ、司法書士さんに初訪問です!

不動産の名義変更には「登録免許税」がかかります。
相続の場合は、【固定資産税評価額×0.004】の金額と決まっています。
ゆきこが言われた6万円は、1500万円×0.004で計算されています。

 

【おまけ】

早速週末に、子どもたちに帰ってきてもらいました。

銀行2行の手続き書類の作成にあわせて、それぞれの戸籍も預かります。

▼1月28日(土)

 

▼1月31日(火)
戸籍がそろったので、一度提出しに司法書士さんのもとを訪ねます。

 

100日以降の手続き(後日談)

 

司法書士さんに必要書類を提出したのち、書類の完成連絡を待ちます。

 

▼2月末

司法書士に手続きを依頼する場合は、遺産分割協議書の他に司法書士への委任状も必要になります。
ゆきこが不動産を取得するなら、ゆきこからの委任状ということになります。

 

その後、再度子どもたちに帰ってきてもらい、司法書士さんが作成した遺産分割協議書に、相続人3人の署名と押印をします。

 

▼3月上旬
完成した遺産分割協議書を持って、司法書士さんを再訪問します。

2コマ目の司法書士さんにご注目。何をやっているかというと
・遺産分割協議書に押された印影
・印鑑証明書の印影
を重ねて、同じ印影かどうかを確認しています。
(専門家あるあるです笑)

 

完成した書類をもとに、次の不動産の所有者ゆきこに代わって、司法書士さんが相続登記の手続きをします。

 

▼3月下旬

 

 

不動産の手続きは以上になります。

都心や時期などにより、法務局で手続きをしてから相続登記(名義変更)が完了するまで数週間かかることもあります。

ゆきこの場合、日中動けるために比較的スムーズに相続登記を終えることができました。

 

【漫画を読む】ページに戻る

『わたしと相続の100日物語』特設ページに戻る

 

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

0120-0556-52

受付時間 / 9:00~19:00 (無休)

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降のご返信

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました! 信頼と安心!大阪市営バスに掲載! 弊社の相続サービスがダイヤモンドセレクトに掲載されました! スクロール
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!

面談ご予約空き状況

3月
1
×
2
×
3
×
4
×
5
×
6
7
8
9
×
10
×
11
×
12
13
×
14
15
16
17
×
18
19
20
×
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
×
4月
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-

△:時間帯によってはご予約可
×:ご予約がいっぱいの為不可

トップへ

手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続税対策
メールでのご相談はこちら