HOME >>  ブログ >>  〈グラフで紹介④〉みんなが代行を依頼するタイミングとは?!

〈グラフで紹介④〉みんなが代行を依頼するタイミングとは?!

HOME >>  ブログ >> 

〈グラフで紹介④〉みんなが代行を依頼するタイミングとは?!

事務所の話 今日の雑談

 

こんにちは。

遺産相続手続まごころ代行センターの広報「こころん」です。

 

新企画〈グラフで紹介~相続代行の実態~〉も早くも第4弾✨

今日は、どのタイミングでのご依頼が多いか

について、見ていきたいと思います~~‼

 

そもそも亡くなる前であれば相続は発生していない

 

大前提として、相続は「その人」が亡くなった時点で発生します。

なので「その人」が亡くなる前に相続云々の話にはなりません。

 

死亡日をもって「だれが相続人か」「相続財産はいくらか」などが決まっていきます。

 

つまり、相続手続きについても、「その人」の死をもって始まるということです

 

(詳しくはこちらをご覧ください)

 

〈補足〉 生前のご相談も、もちろん受け付けております!

相続手続きのご相談は、相続発生後に偏りますが、

生前のご自身/ご家族の相続についてのご相談も、もちろん受け付けております。

特に、「家族に迷惑かけたくない」「頼れる家族がいない」ということで

・遺言書の作成
・葬儀や納骨など死後の事務を生前に委任しておく(死後事務委任契約)
・施設に入る前の自宅の整理(または家じまい)
・相続税の節税対策

なども、よくお受けするご相談であり、当センターが力を入れいているところでもあります!

 

これから見ていく「相続手続き代行のご依頼」でお問い合わせいただくタイミングは、

「被相続人(亡くなった人)の死亡日」が起点となります。

 

それでは早速、結果をご紹介します~~!

 

ご依頼のタイミングは様々
(ただし期限があるものもあるため要注意!)

 

当センターにご相談/ご依頼いただくタイミングは、先月までの肌間で以下の通りです。

 

 

比較的、(相続発生後)2週間以内にご相談いただくことが多いですが、

数か月単位で見ると半年以内が約半数です。

(個人的にも興味深い結果となっております!)

 

結論、当センター一同「心の整理がついてから、ご自身のタイミングでいつでもご相談くださいね!」と思っています。

 

ですが、注意したいのが、

●相続放棄をしたい場合→3か月以内
●故人の所得についての確定申告(準確定申告)がある場合→4か月以内
●相続税の申告/納税がある場合→10か月以内

というように、手続きに期限があるものもあります。

このような場合、もちろん期限後に代行をご依頼いただいても対応しかねますので、まずは思い立ったタイミングでご相談いただければと思います。

(※確定申告、相続税については対応可能ですが、延滞税などがかかってしまいますよ💦)

 

人が亡くなると発生するのが相続です。

ですが、全く同じ状況の相続というのは誰一人としてありません。

財産内容、財産額、相続人の数、相続人の関係性、遺産の分割方法などが複雑に絡み合ってくるものです。

 

気持ちの整理がついたころ、「そういえば相続どうしよう!」というタイミングで、ぜひご相談くださいね。

 

当センターの相続代行サービスについてはこちら

SHARE
Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

受付時間 / 9:00~20:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

当センターが皆様からお選びいただける”6つの理由”

私たちの想い

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました! 信頼と安心!大阪市営バスに掲載! 弊社の相続サービスがダイヤモンドセレクトに掲載されました! スクロール
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!
事例検索

事例検索

手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続対策
メールでのご相談はこちら