HOME >>  実際にあったご相談実例 >>  家庭裁判所で相続放棄をした相続人が生命保険を受け取れるのか

実際にあったご相談実例

実際にあったご相談実例

父が死亡し、子供である私が受取人に指定されている生命保険が見つかりました。しかし、父には消費者金融からの借り入れがあり、相続放棄をしようと思っています。この時、私は生命保険も受け取ることはできなのでしょうか?

一言で生命保険と言っても様々な種類があり、その内容によって受け取り方は様々です。今回のご相談でいただきましたケースは

・契約者:父(被相続人)
・被保険者:父(被相続人)
・受取人:私(ご相談者様)

という内容であると推測されますが、つまり契約者(父)が保険料を支払い、被保険者(父)が死亡したときに受取人(私)が保険金を受け取るというケースです。

この時に支払われる保険金が「死亡保険金」だった場合、死亡保険金は受取人の固有の財産と解されており、そもそも遺産分割の対象外とされております。つまり、”遺産分割の対象外=誰が相続するのか、どのように分割するのか協議する必要がない=相続財産には当てはまらない”ということになります。

 

今申しました通り、「相続財産には当てはまらない」、もっとわかりやすく言い換えると「相続財産ではない」のであれば、たとえ裁判所で相続放棄の申述をして受理されようが、死亡保険金は相続と関係のない財産ですので、何の問題もなく受け取ることが可能ということです。

このことを知らなければ、ご相談者様は「生命保険を受け取る為」に相続放棄をせず、結果的にその死亡保険金で消費者金融からの借り入れを返済されることになったかもしれません。

相続手続きは非常に奥が深く、一度判断すると取り消しができないこともたくさんあります。インターネットの情報だけを頼りに自分の中で理解したつもりになるのではなく、どんな些細なことでも専門家に一度ご相談されることをお勧め致します。

 

※死亡保険金と入院給付金
死亡保険と同時に入院保険に加入していた場合、死亡保険金とは別に入院給付金が支払われることがありますが、そちらは本来であれば入院していた本人へ支払われるものであり、それが死亡によって支払いができなかったために相続人が代わって受け取るだけですので、前述の死亡保険金のように受取人の固有の財産ではなく、相続財産と法定相続人で分割協議をすることになります。

※死亡保険金と相続税
赤字で「死亡保険金は相続財産には当てはまらない」と書きましたが、それは「遺産分割の対象になるかどうか」という意味でのことであり、相続税申告の観点では相続財産に含めて計算しなければなりません(みなし相続財産と呼ばれます)。しかし、法定相続人の数×500万円という非課税枠があったり計算が複雑になりますので、詳しくはご相談下さいませ。

 

 

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

私たちの想い

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

0120-0556-52

受付時間 / 9:00~20:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました!
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!
相談ご予約空き情報
手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続対策
メールでのご相談はこちら