HOME >>  実際にあったご相談実例 >>  遺言書による「遺贈」と養子縁組による「相続」、どちらがオススメ?

【相談事例】遺言書による「遺贈」と養子縁組による「相続」、どちらがオススメ?

HOME >>  相談実例一覧 >> 

【相談事例】遺言書による「遺贈」と養子縁組による「相続」、どちらがオススメ?

祖父が高齢で子供とあまり関係がよくない為、孫である私に財産を残したいと言っています。祖父と養子縁組をして相続するか、遺言書を書いてもらって遺贈するか、どちらが良いのでしょうか?どのような違いがあるのでしょうか?

「遺贈」と「相続」、死亡をきっかけに財産を譲り受けるという意味では同じかもしれませんが、それぞれ性質が全く異なります。

 

イメージしやすいように人間関係を例に挙げてご説明致します。

 

(相続関係図)

相続関係図

 

 

【祖父と養子縁組をする場合】

祖父Aと孫Fが養子縁組をして相続する場合、祖父Aの子である母Dと母の弟(叔父)Eと同じく「祖父の子」として相続人になりますので、祖父には子供が3人いることになり、孫Fの法定相続割合は3分の1になります

つまり、他に存在する相続人の数によって法定相続割合が変わり、それに伴い相続できる財産額も変わってくるということです。

例えば子供が3人であれば孫を含めて4人となるので4分の1、祖母Bが存命で子供が2人であれば、配偶者と子供が3人となるので6分の1になります。

相続の場合

 

 

【祖父の遺言によって遺贈を受ける場合】

一方、遺言書により「全ての財産を孫Fに遺贈する」と祖父Aが書かれる場合、孫Fは受遺者とな り、基本的には遺贈という形でそのまま財産を受け取ることが出来ます

この文章だけ見れば100%遺言書の方が良く見えるかもしれませんが、祖父Aの子供である母Dと叔父Eには最低限受け取ることができる遺留分という権利があり、「遺留分減殺請求」をすることで自身が本来もっている法定相続分の2分の1(例えば母Dはもともと2分の1の相続権をもっていますので、その半分である4分の1が遺留分割合になります)を請求することができ、請求された孫Fはこれを拒否することは出来ません

333

 

 

上記の内容をふまえると、今回のご相談のケースでは「遺言書>縁組」が良いと思われます。

養子縁組の場合、他に相続人がいれば、自分の相続権はどれだけがんばっても100%になりません。(遺産分割協議や他の相続人が相続放棄する場合などを考慮せず、死亡時点で生じる法定相続割合という意味では)

それに対して遺言書による遺贈では「全部あげる」と記載することができますので、そもそも100%のからのスタートとなり、他の相続人が遺留分の請求をしてきた場合にのみ遺留分相当額を渡せば良いことになっています。

 

今回のケースもそうですが、目的と手段の組み合わせで結果が大きく異なることがありますので、いざその時に取り返しのつかないことにならないよう、事前に専門家にご相談されることをお勧め致します。

 

 

■■■まとめ■■■

・養子縁組による相続と遺言書による遺贈はよく似ているようで全く違う!

・遺贈は100%もらえる可能性があるが、養子縁組の場合は他に法定相続人が一人でもいれば100%はあり得ない。

・どちらが良いかは相続関係、財産状況など様々な要因により異なるので、一概には言えない。

 

相続手続き代行について詳しく知りたい!方はこちら>>

サービス内容・手続き料金一覧

当センターが皆様から
お選びいただける
”6つの理由”

私たちの想い

Powered by G1行政書士法人

遺産相続手続きをまごころとご一緒に

0120-0556-52

受付時間 / 9:00~20:00 (無休)
※事前のご予約で夜間も対応可

受付時間 / 24時間 (無休)
※営業時間外は翌日以降の返信

全国どこでもお手続きします!
当センターのサービスが新聞に掲載されました! 信頼と安心!大阪市営バスに掲載! 弊社の相続サービスがダイヤモンドセレクトに掲載されました! スクロール
地域でおなじみ! 大阪市中央区、東京世田谷区の封筒に掲載!
相談ご予約空き情報
手続き・料金について
サービス内容・料金
銀行口座の相続手続き
不動産の相続手続き
相続した不動産の売却
車・バイクの相続手続き
相続税について
相続税がかかる方
相続税がかからない方
かかるかどうか不明な方
生命保険で相続対策
メールでのご相談はこちら